書籍・雑誌

2014年3月11日 (火)

読書

久しぶりに、2.5cmもある分厚い本を読んだ。
しかも3日で。私にしてはかなりなハイスピード!
 
 
予約待ちで図書館から借りた湊かなえの「高校入試」なんともタイムリーな時期に借りることができて、無意識に長女の通う高校を妄想しながら読み終えた。
確定申告の作業もまだなのに、続きが気になって仕方なくこの週末も1日中読書。「告白」や「夜行観覧車」もそうだけど最後まで誰が犯人か全く想像つかないから一気に読めてしまう。映画にもなった「白雪姫殺人事件」も只今図書館で予約中。
それよりも、早く申告作業終えないとだな今年はかなりギリギリじゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月15日 (日)

また…

また…
昨日は夕方からグラントワで映画「ハーブ&ドロシー 〜アートの森の小さな巨人〜」を観てきました。入り口で渡されるチラシの中に次回の映画「まいにち母さん」のチラシが。読んでたら、前日古本屋でチラッと手にして戻した西原理恵子の文庫本が無償に欲しくなり、映画終了後前日に続いて再び古本屋へ。目的の本を探す間に目的以外の本も手に…。あ〜ダンシャリマインドがゆらぎつつあります。
「まいにち母さん」は次女と観に行こうと思います。長女は部活&塾なんで…グラントワで6月11日土曜日上映です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年5月14日 (土)

古本屋

古本屋

昨日、長女に付き合い古本屋へ。大学のある街なんかだと、いわゆる昔ながらの『古本屋』さんがあるのでしょうが、益田にあるのは、『ブックマーケット』という名前通りの最近の古本屋さん。
一度入ると結構長居をしてしまいます。昨日は普段あまり読まないエッセイ2冊と好きな詩人、金子みすずの詩集を購入。20年前、当時いた広島の会社の社員旅行で山口県の仙崎あたりを観光した際、地元ガイドのおじさんの熱心な紹介で初めて金子みすずを知り、そのおじさんから詩集を1冊購入。なぜかおじさんのサイン入り。未だにそのおじさんナニモンか不明。
川上弘美は映画『センセイの鞄』を観てから読むようになった作家。そして、石田 千は全く初めて手にとった作家。何となく『月と菓子パン』というタイトルに惹かれ中をパラパラ読むと何となく面白そうで。表紙も山本容子さんでイイ感じだったし。
 
明日は定休日です。サクランボを収穫して干してみる予定。皆さまもステキな日曜日をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月17日 (木)

私としたことが・・・・

先週の水曜日,今年度最後の【朝の読み聞かせ】でした。幸運にも次女のクラスで読むことができました。読んだのは紙芝居3冊。1冊目は表紙を見ただけでも「プッ」と噴き出してしまう,おおわらい落語劇場『とまがしま』(脚本/桂 文我・絵/田島征三)表紙にもありますが,鼻血のシーンがよく出てきます。鼻血をとめるまじないは,首筋の毛を3本ぬくことだとか・・・・

Hi3e07610002

2冊目は,ゆかいでおかしい日本の民話『けちくらべ』(小野和子/文・大和田美鈴/画)村一番のけちんぼうとけちんぼうチャンピオンの2人でけち勝負。とんちくらべが笑えます。

Hi3e07600002

そして3冊目。平和かみしばい『のばら』(原作/小川未明・脚本/堀尾青史・絵/桜井 誠)それぞれの国境を守っていた新兵と老兵。やがて2人は仲良しになりますが,戦争がおき2人は敵同士となります。私としたことが不覚にも,まだ半分以上残した時点で胸が詰まってしまい涙声になりながら(きっと聞き取りにくかっただろうと・・・・)なんとか最後まで読み終えました。前日,黙読したときは全く大丈夫だったのに・・・・。歳のせいというか長女が3歳のころからチョットしたことで胸が詰まって涙が出そうになることが増えてきました。やれんです。

Hi3e07590002

以上3冊全て益田市の図書館にあります。興味のある方はぜひ手にとってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月 5日 (土)

遅ればせながら…

遅ればせながら…
ようやっと読み終えました。映画はまだ観てませんが上映は一年前だったんじゃね。
図書館かゲ○で借りて観るかな。貸し出しいたしますので、遠慮なくどうぞ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月 2日 (水)

とりぱん

友人のSさんがいつも貸してくれる漫画本。とりのなん子 作『とりぱん』。東北に住む作者が自分家の庭に来る鳥や近くで見た鳥についておもしろく,そして詳細に描いた漫画本。

110113_1331010001

Sさんは,この本のおかげでかなり鳥について詳しくなったみたい。私はといえば・・・・・(;´▽`A``先日からうちの庭にヒッヒッと鳴く鳥が出没。そのことを話したらSさんが「これで勉強しなさい」と鳥の本を貸してくれた。常鶲(ジョウビタキ)の雄と判明。翼にある紋付のような白斑が特徴らしい。

Hi3e07260001

裏山に植えてある山茶花の中には,いつも綺麗なうぐいす色の鳥,目白が花の蜜を吸いに来ています。ペット飼ってないけどペットがいるような得した気分を味わってます。でもこの辺り近所の猫がしょっちゅうウロついていて,いつぞやは草抜きに精出していたら綺麗な鶯色の羽と,か細い鳥の足だけが草の間から出てきたことも・・・・Σ(゚д゚;)まっまぁそれが自然の摂理ってもんでしょうが・・・・。

今回,鳥の本見て気づいたこと。やたら難しい漢字が付いた名前が多い。よくもこれだけ色々な名前が付いてるもんだなと。そして鳥ヘンの漢字の多さにもビックリ!今まで鶏くらいしか知らなかった。読めない字がほとんどなんだけどね。なんか新しい発見があって嬉しかったわ。Sさんありがとうwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月19日 (水)

本屋さん

近所に会った大きな本屋さんが今月の10日で閉店になりました。ここの本屋さんは,2階が文具店&レンタルショップになっていて,宿題の途中で「ノートがなくなった~」という次女の悲痛な叫びになくてはならないお店でした。夜の10時まで開いていたからね。それと,最近の付録付雑誌の見本用付録を『ご自由にお取りください』とカゴに入れてあって,これもひそかな楽しみでもありました。閉店前日,子どもと一緒に最後だからと行ってみると,同じ付録がカゴにたくさん。またまた頂いて帰りました。

110109_1936010002 ここのところ書籍に関しては,もう一軒近くにあるほうの本屋さんで購入することが多くなっていました。ポイントカードが導入されたから。満点で1000円の割引は大きい!でも,このたび閉店になった本屋さんもとても好きでした。CDの曲の内容や探している本に対してもよくご存知な定員さんが多く頼りになるお店でしたから。最後の買い物にこちらの3冊を買いました。一生かかっても作りきれないだろう数のレシピ本を持っているにも関わらず,どれも気になってしかたなく。特に,庭に柑橘系の木が数本あることから【まるごと柑橘レシピ】は一番最初に手に取りました。

110109_1937010002

うちにある柑橘系の木は,マーコット・シークゥワーサー・金柑・レモン・かぼすの5本。うち唯一収穫できるのがレモン。他はまだ数年先になりそう。なのに,レモンのレシピだけがこの本には載っていなかったのが,ちと残念。そして,本屋といえば古本屋も好き。長女と出かけた古本屋で次女にと,こちらを購入。4冊で420円也♪美品でした。

110109_1938010002

閉店になった大きな本屋さん。また別の本屋さんが入ってくれればいいのだけど。好きな場所が1つなくなってしまって,ちょっと寂しい今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年10月16日 (土)

岡上多寿子さん

6年前、お店をオープンするにあたり広島にいた時より好きだった【土の子窯】の作品を取り扱わせていただくことに。
その作者、岡上多寿子さんが今朝の国営放送テレビに取り上げられていました。ご自身のお母さんの介護経験をもとに書かれた詩画集『いっぱいごめん  いっぱいありがと』が紹介されていました。元々、イラストレーターでらした岡上多寿子さん。ほのぼのしたイラストと味のある文字、そして飾らないありのままの素直な気持ちを綴った詩。『なんでこれくらいの事が出来ないの 何度も母を責めました 』『お母さんの物忘れがすすんでいると気付いた頃 私は絶対優しくしようと心に決めたのに追い詰めて叱ってしまった どんなときも慈しみ育ててくれた それなのに』『母さんが言うこと聞かないから腕をつかんだらV型の黒あざができました 』など。私は介護経験はまだありませんが、 実際に介護をしていると感じるであろうさまざまな気持ち・行動・感情・心のありさまをスレートに表現されています。いつか手にとって読んでみたいと思いました。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月14日 (火)

本が届く日

本が届く日
本が届く日

昨日は本に縁がある日のようでした。まず、ちょっと前にネットの本屋さんに予約していた本が2冊届きました。
ネットで【筋トレ】という占いサイトが人気という石井ゆかりさんの12星座の本のうち、自分の星座『山羊座』を。この本はハードカバーですがサイズは文庫サイズと可愛い上、装丁のデザインがどれもステキ! 内容はまだ読んでいませんが一般的な占い本のイメージとは異なるよう。文章の深さに惹かれ【全巻買い】の方、続出とか。文章読まなくても装丁だけで全巻欲しくなりました。山羊座の帯カバーに書かれていた文章を紹介すると“地味なんてとんでもない!明るくパワフルで勇敢な星座。「夢」を「実現」できる人々”と。これだけでも今までの星座占いと違うのがわかりますよね。もう一冊は竹下和男と渡邊美穂『泣きみそ校長と弁当の日』。長女の中学でも自分で弁当を作っていく【弁当の日】というのが行われていますが、今では全国の小・中・高・大学校587校にまで広がっているというこの【弁当の日】を始められた校長先生のお話し。中学に講演会に来られたけど行ってない私。良かったよ〜という周りの保護者の声も気になり、まず本をと。小学生から読める作りの本でしたのですぐ読めました。今度さりげなくリビングの隅に置いとこっと。
そして午後…友人のSさんが『とりぱん』7〜9巻を持って来てくれました。こちら、東北に住む作者が庭に遊びに来る様々な鳥を観察し面白くかつ詳しく描かれた漫画。かなり好きでうちでは次女も読んでいます。Sさんからはテレビドラマ化された『もやしもん』も8巻まで借りたけど1巻でリタイア…こちらは長女がハマって読んでいて結局8巻全部読んだみたい。Sさん、いつもありがとね〜そして、これからもよろしくよ〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年7月15日 (木)

久々に…

久々に…
普段、雑貨に関する雑誌や実用書を読むことはあっても小説からはとんと遠ざかっておりました。昔から寝つきが悪いもんで、睡眠薬代わりにいつも寝る前に本を読まないと眠気がきません。
なもんで、活字を追っているといつ何時でも睡魔が…文庫本だと2ページくらいでウトウト(^_^;)そんなだから、読みたくてもなかなか読み進まずという状態が。それでも本は好きで一人暮らしの頃は気に入った作家の本をまとめて読んだりもしてました(時間もあったしね)一番最近で一冊読み終えたのは、たぶん丁度一年前。友人が貸してくれた『西の魔女が死んだ』。読み終えてから映画を観たけど後半爆睡してしまった(┳◇┳)
今日、かなり珍しくほぼ一日で読み終えた『告白』。これも友人が貸してくれた本。途中、睡魔に襲われるも続きが知りたくて一気に読んだ。この作家の本を他にも読んでみたくなった。映画もきっと観るな。自分よりも若い作家の本を読んでることにハッとする今日この頃です。(^。^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧